心がだらけたがっているんだ。

【速報】2013年仕様

【スプラトゥーン攻略】まいっちんぐマッチング先生

みにゃも「B帯カンスト勢こと、美少女みにゃもちゃんと!」
カジ兄貴「カジ兄貴の!!」

み&カ「「大丈夫!! B帯の攻略法だよ~!!」

み「ドンドンヒューヒューパフパフ!!

み「今回はマッチング考察だよー!」




『みにゃも式マッチング仮説』


①同ウデマエ帯を8匹集める
区分はC帯、B帯、A帯、S部屋、S+部屋、隔離部屋
多キル連続など特定条件を満たした場合は隔離行き

②序列ポイントを算出
序列ポイント=直近の「勝ち数×勝率×10」+α

③高ポイント順に筆頭~8位とし、
イカの通り、チーム分けする


ブラボーチーム
序列筆頭
序列2位
序列7位
序列8位

アルファチーム
序列3位
序列4位
序列5位
序列6位

④ブキ特性を考慮した入れ替えを多少する

⑤序列ポイントはルールごと・ステージごとに用意
また、一定期間でリセットまたは上書きされる 

仮説おわり



カ「これ何?

み「みにゃもが考えたマッチング法則だよ」

カ「ソースは?

み「そんなものはない

カ「」

み「しいて言えば、公式サイトの『イカリング』で」
み「勝ち数×勝率×10という計算式が出てくるの」

カ「で?

み「簡単に参照できる変数としてこの数字が用意されてる」

み「だからまあ、マッチングにも関係してんじゃねーの? 的な予想」

カ「短絡にもほどがある」

み「でも、この仮説で野良ガチあるあるをいくつか説明できるよ」

カ「例えば?



みにゃも式マッチング仮説参考モデル①
【格下ウデマエチームが勝つという風潮】


み「A-の4匹とA+の4匹が対戦、でもA-が勝ったってこと無い?」

カ「あるわー超あるわー

み「A+が上記のブラボーチーム、序列高いA+2匹、低いA+2匹というわけ」

ブラボーチーム
序列筆頭 A+ 最強に強まっている
序列2位 A+ かなり強い
序列7位 A+ かなり弱い
序列8位 A+ 地雷

アルファチーム
序列3位 A- 少し強い
序列4位 A- 普通
序列5位 A- 普通
序列6位 A- 少し弱い

カ「勝率と勝ち数が低くても、A+はA-よか強いんじゃ

み「それはウデマエが機能していたらの話」

カ「どゆこと

み「ウデマエが上がると、強いイカは増えるけど、弱いイカも一定数いる

カ「いるねえ」

み「A+にいる弱いイカは、A-にいる弱いイカと同じようなもん

カ「そんなもんかなあ」

み「格上とマッチングしたときは、エースを倒すことに全力投球」

カ「残りは弱いイカの可能性が高いってことね」



みにゃも式マッチング仮説参考モデル②
【連敗モードに入りましたパティーン】


み「ガチ連勝してたら、急に負けが続くことない?」

カ「あるわー超ありますわー

み「これは勝ち数と勝率が上がって、序列筆頭になると起きる悲劇」

カ「も少し、くやしく」

み「序列筆頭になると、必然的に弱いイカと組まされる」

ブラボーチーム
序列筆頭 最強に強まっている自分
序列2位
序列7位
序列8位 8匹中一番弱いイカ

カ「うん

み「ウデマエが機能してないため、この弱いイカが地雷すぎる

カ「うんうん

み「でも勝ち数が一定以上あると、なかなか序列が下がらない」

カ「序列ポイントが勝率×勝ち数だもんね」

み「ずっと弱いイカと組まされ続ける。序列が下がるまで止まらない」

カ「むー。一応、わからなくもない」



みにゃも式マッチング仮説参考モデル③
【前回は得意ルールステージだったのに勝てなくなってる】


み「前回バカ勝ちした得意ルール・ステージで無念の連敗

カ「あると思います

み「これもこの仮説で説明できるわ」

「まじですか

み「前回の序列ポイントがリセットされていないのよ」

カ「どゆこと

み「序列ポイントが高めのままスタートしたので、序列が高め

カ「他のイカもリセットされてないんじゃ」

み「前回のイカと同じイカが集まる可能性は少ないわ」

カ「そりゃそうか

み「勝率はともかく、勝ち数は基本的に時間に比例して増えていく」

カ「そうですね

「他のイカの勝ち数が増えるまで、序列が変わらず弱いイカと組むの」

カ「必要以上に強いイカ判定されているわけか」

み「そゆこと。勝ち数リセットのタイミングは分からないけど」

カ「そもそも仮説が正しいか分からない」

み「もし仮説が正しいなら、ガチはステージ変更直前に潜るのがおススメ

カ「何故?

み「他のイカの勝ち数が上がれば、相対的に序列が下がるからよ」

カ「それ証明できるん?」

み「できるわけねーだろ」




みにゃも式マッチング仮説の活用
【みにゃも式ウデマエ上昇作戦】


カ「クソマッチング考察はもういいや。役に立つ情報ないん?」

み「この仮説が当たっていた場合、ウデマエ上げる作戦が使えるわ」

カ「まじすか

み「まず、自分と同レベルのイカが連戦している部屋を探します」

カ「『つづける』で続投してくれるイカね」

み「このイカを『ドッペルくん』と呼びます」

カ「妙なパワーワードきた」

み「ドッペルくんは、頑張ってる過去の自分だと思ってください」

カ「過去の自分……」

み「まずドッペルくんと同チームになったら、連携してKO狙い」

カ「まあ普通そうですな」

み「次に違うチームになったら、ドッペルくんを押さえて逆転狙います」

カ「ドッペルくんをリスキルしまくるということ?」

み「バレない程度にターゲッティングするだけでおk」

カ「ふむ。それで?

み「以上

カ「ええ!? どゆこと!?」

み「まず序列筆頭がドッペルくんだと、チームはこうなる」

ブラボーチーム
序列筆頭 ドッペルくん
序列2位
序列7位
序列8位 8匹中一番弱いイカ

カ「ほうほう

み「このマッチングに自分が混ざると、序列ポイントはどうなる?」

カ「えーと

み「まずドッペルくんと同チームになった場合」

ブラボーチーム
序列筆頭 最強に強まっているドッペルくん
序列2位 自分
序列7位
序列8位 地雷イカ

み「これで勝てれば、まあそれはそれで良し」

カ「地雷がいたら負けるんじゃ」

み「そう、負けるわ。でも2人の序列ポイントは同量減なので序列関係は変動しない」

カ「それは…そうかも

み「そのうち自分が先に下の序列3位に落ちて…別チームになる」

カ「はい次、ドッペルくんと違うチームになった場合ですな」

み「ここからが基本形よ

ブラボーチーム
序列筆頭 最強に強まっているドッペルくん
序列2位
序列7位 
序列8位 地雷イカ

アルファチーム
序列3位 自分
序列4位
序列5位
序列6位

み「一転して、ドッペルくんさえ押さえれば、勝てる戦いになるわ」
み「もし負けても、ドッペルくんとの序列ポイントの差が開く」
み「つまり自分よりドッペルくんに弱いイカがつきやすいのは変わらない」

カ「たしかに

み「ドッペルくんに勝てば、序列の差は縮まってしまうけど」
み「そもそも勝てばウデマエポイントがもらえるので、勝っても良し

カ「おお…

み「さらに勝負を繰り返すと、理想形になるわ」

ブラボーチーム
序列筆頭 最強に強まっているドッペルくん
序列2位
序列7位 
序列8位 地雷イカ

アルファチーム
序列3位 
序列4位
序列5位 自分
序列6位

カ「これは…なんか勝てそうな気がする…」

み「勝っても負けても、地雷チームとの連戦ができる。」

カ「序列が上がっても下がっても、相手に地雷を押し付けできる…?」

み「この作戦の本質がお分かりいただけただろうか」

カ「…それは正直あんまり

み「じゃあ表現を変えるわ」

カ「はい

み「この文章を読んでいるということは」
み「ウデマエを上げることに失敗したということだな」

カ「なんか語り始めた

み「さぞ辛かっただろう……」
み「だが、その辛さが『君に』執念を与えた」

カ「…誰に向かってしゃべってるん?」

み「今は下ごしらえのようなものだな」
み「君がクソマッチングの存在を信じること、それが必要だったのだ」
み「これでやっと作戦の本題に入ることが出来る」

み「ウデマエを上げる条件は2つ」
み「連敗を避けること。そして連勝することだ」

み「だが、連敗を避けることも連勝することも」
み「クソマッチングで弱いイカと組まされ不可能…そうだな?」

み「はっきり言おう。ウデマエを上げることは可能だ
み「方法が間違ってるだけなのだ」

み「いいか、よく聞け。”確定した事象”を変えてはいけない」
み「最初のお前自身が体験した事を”無かった事”にしてはならない」
み「無かった事にすれば、クソマッチングが起こり全てが失われる」

み「これより『オペレーションみにゃも』の概要を説明する」
み「確定した事象を変えずに結果を変えろ

【強いイカが弱いイカと組まされ、強いイカのチームが負ける】


み「この確定した事象を変えずに結果を変えるのだ」

み「強いイカが弱いイカと組まされ負けるという事象を変えずに」
み「連敗を避けて連勝しろ


”世界に『お前自身が強いイカではない』と観測させろ”


み「そうすればクソマッチングは起きない。お前なら分かるはずだ」


み「最初のお前を騙せ


み「世界を騙せ


み「それがウデマエアップのための条件だ」
み「健闘を祈る……エル・プサイ……コンガリィ




カ「なんだこの終わり方


おわり

おまけ:
『募集画面の並び順』
並び順は同ルール同ステージの直近10試合の勝率順?
募集画面ですでにステージは決定している(たぶん)

『リザルトの並び順』
現在プレイ中のルールにおける最近10試合の勝ち越し数

『バトル開始時の4人の並び順』
強いイカほど前になる

ドッペルくん探しにお役立てください。

  1. 2017/02/09(木) 01:27:48|
  2. わふる
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<勝った! 2017冬イベント完!! | ホーム | 【スプラトゥーン攻略】モズクエリアの打開を考える>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://darake21.blog70.fc2.com/tb.php/952-15e3cb92
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)