心がだらけたがっているんだ。

【速報】2013年仕様

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

平日の休みを

持てあます!

免許の更新は数日後からだしなー。
と言う訳で、最近のアニメの感想とか。
ネタばれる





〇 Gのレコンギスタ
 Gのレコンギスタ、だんだん面白くなってきた。
 1話から3話くらいまでは、「主人公が巻き込まれてなんで言うこと聞いてんのかなー」ってのが気になって楽しめないところがあった。キングゲイナーでも、「なんでゲイナーはエクソダスするのん?」感はあったけれど、Gレコはそれを遙かに上回る。キンゲだと生活基盤がエクソダスで物理的に根こそぎ持ってかれてしまったので、まあしゃーないかなという気はするが、Gレコだと軌道エレベーターの運行長官の息子である生活に困っていない系男子筆頭の主人公ベルリ君が、海賊に浚われてそのまま何となく海賊行為に付き合っちゃう。
 凄い違和感。
 でも最新話である6話まで見ていると、ベルリ君はキャピタルアーミーの軍事力の強化と独走について危惧を持っていて、海賊の中で信頼を築きつつ、したたかにそれを探っていたりすることが分かる(と想像出来るようになる)。
 個人的に運行長官をしている母親のことを心配なんかもしていて、優秀でまっすぐな好青年だなーと思ったりもした。
でも、1話~3話位だと、その辺分からんままで情報量が多いまま物語が進んでフォローなどはない。
 その理解が確立されるまで、視聴者の番組視聴への意欲となるべきなのが主人公が一目惚れしたヒロインであるアイーダ姫様だと思うのだが、残念ながら6話までの時点ではヒロインとしての魅力は全くない。多分、5話放送現在アイーダさん萌えの人は相当訓練された人間だけだろう。

 アイーダさんがどれくらい難易度高いキャラかというと、

① めっちゃ強いチートロボGセルフに乗って攻めてくる
② 弱いロボに乗った主人公にあっさり負けて捕まる(優秀アピール失敗)
③ アイーダさんの仲間が主人公の町に攻めてきた際にアイーダさんの仲間の攻撃でアイーダさんが危なくなったので、主人公がぶっ殺して止める。(逃走を図るも失敗)
④ ③でぶっ殺した相手はアイーダさんのあこがれの人だった。
⑤ アイーダさん「アンタは私のあこがれの人を殺したんだから、あんたが代わりにアンタの国の利権をつぶす手伝いをしろや、コラ」と泣いて主人公を責める。
⑥ なんやかやでアイーダさん、主人公組を拉致(この辺りの展開、凄い雑)。
⑦ 主人公、キャピタルアーミーを探るなどの他に意図があるも、それを隠しつつアイーダさんの言われたとおり手伝う。
⑧ アイーダさん、散々主人公に助けられたのに、主人公を褒めるのが嫌で、渋々褒めた後、泣く。
 うーん、この・・・・・・
 箇条書きマジックがあるにせよ、理不尽すぎる。これに共感しろというのはなかなかの無茶ぶり。
それをしちゃうのが富野アニメなんだよなぁ。
 アイーダさんが甘やかされて育った感情を抑えきれないキャラであるということなんだろうけども、難易度高過ぎィ。
 まー、これも6話でアイーダさんの無茶ぶりの結果として、ベルリ君が恩人である教官殿をぶっ殺してしまった皮肉な逆転現象が発生したので、ここからアイーダさんが反省したりなんやかやしたりで持ち直すのかもしれません(とフォロー)。
 
 しかし、こうして書き出してみるとGレコは視聴者に我慢を強いる作りになっているなー。視聴者が我慢してくれるガンダムシリーズという優位性があるからこそ出来る作りであるとも言えるし、それに甘えているとも言える。
 
 まあ、恩人である教官をベルリ君が殺してしまった6話が非常に秀逸だったのでここから超期待。
 アイーダさんにはあまり期待せずにおこう(サラさん的に考えて)。

〇 ガンダムビルドファイターズトライ
 1話でジャムルフィンが活躍してて満足(マニア的感想)。
作りとしてはGレコの正反対で、凄い王道な作り。
流石黒田さんですわ。安心して見れる作り。
 Gレコと違ってヒロインキャラもカワイイので、萌え重点の人もごあんしんだ。

△ 寄生獣
 凄い展開早いんですけど、大丈夫なんですかね。最初は初見の視聴者を取り込むために早足気味の展開なのかと思っていたんですが、5話になっても全然スピード変わらない。
 これ、本当に大丈夫なのかな。全24話なのにこんなに急ぐ必要あるんですかね。話が進むたびに心配が増える感じ。

× テラフォーマーズ
 規制&規制&規制。
 アニメみないで、漫画を素直に読むべき。

◎ Fate
 安定と安心のufotable。
凛ちゃんカワイイ、ヤッター。
今から「えへへ。キス、しちゃった」のシーンが楽しみですね。青少年のナニカが危ないためカットされてしまうかもしれませんが。

〇 四月は君の嘘
 青春音楽ラブコメディ。
原作はほぼラストまで行ってる状態なので、かなり計画的に行われたアニメ化っぽい。
演出いいし、期待。
原作は何のかんのでスポ根文化系漫画なので、序盤のポエム重点なウェットな部分とバランスとって上手に完走させて欲しい。
原作漫画はまとめて読むと面白いけど、月刊で追うにはテンポ悪いところがあるので、後発であるアニメの利点を活かしてテンポよくいって欲しいところ。

〇 サイコパス2
 脚本冲方だぜ?
まだまだ胸くそ悪い展開が続くと思われる。1期なんて目じゃない勢いで続くと思われる。
その辺、駄目な人はギブアップした方がいいと思った。
 おそらく全12話中8話くらいまで鬱々とした展開が続くんじゃないかなー。冲方だからしょうがないね。
 
 我ながら凄い見てんな。秋アニメは豊作ですね。
  1. 2014/11/06(木) 22:04:42|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0
<<勝ったッ! 艦これ秋イベント、完! | ホーム | 寝落ちして>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://darake21.blog70.fc2.com/tb.php/896-cf439b41
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。