心がだらけたがっているんだ。

【速報】2013年仕様

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

せんらんかぐらばーすと事件

前回までのあらすじ


泊まりの出張に出ることになった、わふるさん。

出張先の大都会で宿泊場所を提供してくれる
相沢先輩に、おみやげを持っていくことにした。

しかし。
田舎みやげなど、たかが知れている。
ここはちょっと変化球で攻めたい。

そう思って、わふるさんがたてたのが
発売したての3DSソフト『閃乱カグラBurst初回特典版』を
地元で買って持っていく作戦だった。


***************************


閃乱カグラBurst(せんらん かぐら ばーすと)とは。



爆乳女子高生達によるニンジャバトル。
3DSの3D立体視で、飛び出すおっぱいを表現するという、
主に大きなお友達のハートをつかめそうなコンセプトで
主に大きなお友達のハートをつかんだゲームの続編である。

最新の平面立体視技術を、飛び出すおっぱいでフル活用。
宮本茂にヴァーチャルボーイで殴られそうである。

いろいろな意味で任天堂ハードの限界に挑戦する姿勢を
わふるさんは高く評価していたが、
「おっぱいの大きさが、戦力の決定的な差ではない」
という紳士的思考により購入は見送られてきたのだった。

しかし、オミヤゲとしてなら話は違う。
相沢先輩は別に巨乳スキーではないが、まあ嫌いでもなかろう。


****************************


直球エロでは無いため、よけいに恥ずかしいタイトル。
嫌じゃないけど、素直に喜べない。
そんな絶妙かつ微妙なラインとして閃乱カグラは最適だ。

なにより相沢先輩は3DSを持っていない。
そのためソフトがダブる可能性は無い。

さらに相沢先輩は重度の声優ヲタであり、
声優ゲーとしても閃乱カグラはなかなかのものだ。
すぐに遊べないソフトだが、手放すことはできまい。

結果、先に3DSソフトを渡すことで、
最終的に新ハード購入をオススメできる。
そんな妊娠(任天堂信者)戦略であった。
アタシカンペキ。


これで勝つる。わふるさんは浮かれていた。
己の掘った落とし穴に、まったく気づかずに。


*****************************


売っていない。
わふるさんは、焦っていた。

ゲーム屋に、初回特典付き閃乱カグラが、売っていないのだ。

ただ、発売日直後である。
特典無しなら、販売中の店も多かった。
しかし。

この手の萌えゲーは、豪華特典こそ本質だったりする。

このたびの初回特典はサントラとドラマCDと小冊子。
閃乱カグラがどういうゲームなのか知らないが、
特典は無いよりあった方がより楽しめるはずだ。

予約していれば、すんなり手に入っただろうが、
購入を決めたのは発売後だ。もうどうしようもない。
わふるさんは、特典無しのパッケージに手を伸ばした。


高 い


田舎である。アマゾン先生と比較するのが間違っている。
しかし、値段が高い。どうしようもなく定価である。
発売日数日後のため、中古は出まわっていない。
さらに特典が有っても無くても、値段は変わらないのだ。
どうせなら、もうちょっと探そう。
わふるさんは手をひっこめ、次の店に向かった。

ただの閃乱カグラには興味ありません。
これにサントラCD、ドラマCD、ビジュアルブックがついたら、
あたしのところに来なさい。以上。


*****************************


売っていない。
わふるさんは、うつろな目をしていた。

いくつもの店を回った。

ちょっと色気重視なのが災いして、
子供向けの店では入荷していない所も多かった。
反対に、大人向けの売り場では売り切れ続出。
そして中間向けでは、在庫はあったが特典付きは置いてなかった。


マニアなゲームを探す時に、よくある現象である。
マニア向けなので、入荷の絶対数が少ない。
マニア向けなので、ある一定の数は確実にさばける。
結果、売り切れ続出し、難民が生まれるのである。

さらに今回は、
『アマゾン先生が特典付きを販売しない』という謎事情が
あったらしく、先生のレビューも炎上していた。
買うつもりもなかったが、ネットでは買えないことで
余計に店舗の在庫もはけているのだろう。


考えた結果、次の店で、そろそろ諦めることにした。
15件目である。さすがにもういい。
というか、ここでダメなら、もう地元で知ってる店がない。
時間を無駄にしすぎた。どうせたぶん、次も無理だろう。
おみやげは、東京駅でひよ子買って渡そう。

そう思って最後の店へ向かった。


*****************************


最後の店は、小さなヤ○ダ電機。
規模が小さい上に品揃えもコンビニ級なので
開店時に一度行ったきり、敬遠していた所だ。
たしかゲームコーナーがあの辺にあったはず…


新品『閃乱カグラBurst』

…『特典サントラCD』のシール付き!!

ドン!

なん……だと……


まったく期待していなかったため、目を疑った。
次の瞬間、レベルアップのファンファーレが聞こえた。
フォーゼがキターーーー!と叫んでいる。
さらに周囲で黒服が「コングラッチレーション」を連呼。
黒い画面に「おめでとう」の白文字が極太明朝フォントで表示。
思わずプリッキュアも大集合した。

こんなにうれしいことはない。
わふるさんはニュータイプだったのだ。
最後に勝利するのは、やはり私だったか。
それとも私の日頃の行いが、良すぎたとでもいうのか。
運命には逆えんな。仕方ない、買ってやる。
にやける顔を無理やり平静状態に戻し、
右手でソフトをつかみ、くるりとターンして
そのままレジへ直行する。

…そう、
直行してしまったのです。(CV:中原麻衣@人退)


*****************************


ちょっと恥ずかしい買い物のため、
もしレジに若い女性店員がいたら、少しひるんだかもしれない。
しかし閉店時間も近いためか、稼働レジは1台で、
係のおばさんが1人だけ立っていた。

是非もなし。
そのまま勢いをくずさず、のめりこむようにレジ列に並んだ。
すぐに会計順はまわってきた。

「お待たせしました、どぞー。」
気恥かしさを覚えつつ、閃乱カグラを机に載せる。
レジ係のおばさんは、「失礼しまーす」と言い、
特典つきカグラの保護ケースを空けた。

ピロピロピロピロ♪

鳴り響く電子音。ちょっと!
セキュリティタグ解除し忘れてるよ!

あたふたしてケースを閉めるおばさん。
おぼつかない手つき。レジ経験が少なそうだ。
たぶん不景気でダンナの稼ぎが悪いとかで、
ちょっと近所でパート始めました的な雰囲気。
家に帰れば親の介護とかやってんのだろうか。
ご苦労様です。でも後ろに人が並んでいるので、
さっさと会計終わらせてくださいな。

そんな妄想をしていたら、おばさんは無言で
カグラのケースをそのままレジ袋に入れた。

あれ……?

「はい、・・・円になります」

特典は……?

とりあえず、代金をお支払い。

「おつりですー」

とりあえず、おつりとレジ袋を渡される。

ざわ……ざわ……


tonegawa.jpg


特典は出す……!
出すが…

今回 まだ その時と場所の
指定まではしていない

そのことを
どうか諸君らも
思い出していただきたい
つまり…

我々がその気になれば
特典の受け渡しは
10年後 20年後ということも
可能だろう…………ということ………!



*****************************


もしかして、特典ってナシ?
売り切れ…?
シール貼り間違い…?

まあいいや。もう帰ろう。
いろいろ疲れたし。

……いやいやいや!!
確認せねば!

予想外の展開で、一瞬妙な思考に走ったが、
ここで帰るわけにはいかない。
ここまでの苦労があればこそ、
何としてでも特典を手に入れねば。

「あの…」

おずおずと、レジ袋から商品を出す。

「これ(特典シールを指差しながら)、つかないんですか?」

『え?』

おばさんが、あわてた。

「特典って書いてあるんですが…」

『あらぁ…ホント?』

ここでウソついてどうする。

『サントラCD…ああ、えーとですね…』


やった!
間違いではなかった。
これで特典を持って帰れるのだ!!

しかし、おばさんの次の発言は、
驚くべきものであった。



『サントラって、何ですか?』



*****************************



【サントラ】サウンドトラック(英語:soundtrack)
映画のフィルムにおける音声部分を指す映画音楽用語。
映画用語から派生して、映画テレビドラマ、テレビゲーム、アニメ等の
音やそれらを収録したアルバムのことも指す。(Wikipediaより抜粋)


ちょっと待てエエエエェェェェ(´Д`)ェェェェエエエエ!


おかしいだろ!
その発言は、どう考えても!

サントラっちゅうのわね!
あなたから見て右奥方向で売っている銀色のフリスビーだよ!!
家電芸人でもそれくらいは覚えてスタジオ来てるよ!

無数の脳内ツッコミの後、ポルナレフと同じくらい危機を感じた。
電気屋の店員がサントラを存じ上げないのだ。
…これは手ごわい。慎重に対応しないと。
わふるさんは8ビットの脳をフル回転させた。

「……CDって書いてありますねー。」

サントラについて説明しても時間の無駄である。
特典が別に存在することを証明した方が良い。←結論
ということで、問題発言はあえてスルー。
いくらなんでもCDなら知っているだろう。
これで、それっぽいCDを探してくれるはずだ。
どうだまいったか。


『CDだったら、このケースの中に入っているんじゃ?』


はいらねーよ!ねーよ!ねーよ!←結論


*****************************


いや、はいらねーよ!(大事なことなので)

そりゃ大きさ的には近いけどさ! 近いけども!
3DSソフトのパッケージに入るCDってなんだ!
昔のシングルか! シングルなのか!!

さすがにツッコミが強めになってしまったが、
困ったことになった。
このままでは、「CDが入っている」で押し切られる可能性すらある。
もう少し、具体的にする必要があった。
しかし、レジで禅問答しているあいだに、後ろに人が並び始めた。
さすがに時間がないと感じる。

「実はですね、特典つきを買ってきてって頼まれて。」

とっさにウソ設定が出た。
だって恥ずかしいもん。

「(あなたの発言が)よくわからないんですケドね、」

おつかいを頼まれた一般人を演じながら、

「別に特典がついてるモノが、必要なんですケド…」

よし。
すぐバレるだろうが、察してくださいってことで。
むしろ頑張った俺。人見知りのアドリブにしては上出来だ。

『そーですか…じゃあ探してみます。』

やっぱ探す気フェイト/ゼロだったのね。

『わかる人呼んできますから…』

お! ようやくフラグたった!
始めての進展!ぶらぼー!

『えーと、このゲーム…』



『タイトル、なんて読むんですかね?』



*****************************


『なんとかカグラ…のところが読めなくて…』


こやつめ、ハハハ
ぬかしおる。


ってエエエエェェェェ(´Д`)ェェェェエエエエ!


この衆人環視の状況で!
買おうとしているゲームタイトルを読み上げろと!!

タイトルを読ませる…
なるほど、そういうのもあるのか……

ちょっと頭がクラクラしてきた。
正直帰りたい。すべてを捨てて星に帰りたい。
しかし。あと一歩なのだ。
あと一歩で目標達成なのだ…!
勇気をふりしぼって声を出す。

「せんらんかぐら、です」

『え?』


聞き返しキター!!!
あなたが獄長か。または朱呑童子か。
もうやったるわ!
レジにお並びの皆さんお聞きください!


「…せんらんかぐら、ですッ!!」


\(^o^)/


ああああ聞こえたよ!
会場の皆さんに聞こえたよ!

引きこもりがわざわいして、
こーゆーときの音量調整が下手なんだよ!

ああそうさ!
このオッサンが今買おうとしてるのは
閃乱カグラBurst特典付きだよ!
ばかばか文句あるかーばかー!!
うるちゃいうるちゃい、うるちゃーい!!


それにしても、この店員はすごいな。
『閃乱カグラBurst特典サントラCD』のうち
『カグラ』しか理解していないのだ。

なにか花畑が見え始めたが、
なんとか持ちこたえた。
さすがにもう何も怖くない。

『せんらんかぐら、ですね。わかりました。』

おもむろにレジのマイクを手に取るおばさん。
マイクの向こうに話し始めた。

『あー、こちらレジです。えーと…』




『こんらんカグラの特典ってありますか?』


*****************************


miki.jpg

ちくしょぉぉおおおおおお!!!!

わふるさんはボロボロだった(精神的に)。
あらゆるフラグを逆方向にへしおるその力…

もうどうにでもなーれ♪
という気分でヘルプの店員を待つ。

いつまでも待つ所存であったが、
ヘルプさんは割とすぐやってきた。
若くきれいな女性店員であったが
この天使が救世主に違いあるまい。


『どうしましたー?』

はい、新手のスタンド攻撃を受けたところです。


『あ、こちらの特典ですねー、お待ちください』


特に指示するまでもなく、テキパキと店の奥に戻る店員。


『えーと、こちらでよろしいですかー?』


ちょ 早

解決編が早すぎる。
今までの中だるみ展開はナディアの島編だったのか?と思うくらい早い。
最終回らしさを感じつつ、店員さんの持ってきたものを見る。




うっ…

この特典パケイラスト…

思ったより肌色成分が多くて恥ずい…

『…こちらの特典…えーと』

若くきれいな女性店員がイラストに気づき、
持ってきた特典とわふるさんの顔を交互に見比べる。

gokuhi.jpg


少女達の極秘ファイル…ですね…?』


「は、はい…」

beru0.jpg


*****************************


戦いは終わった。
ねんがんの かぐらとくてんを 手に入れた。

勝利はいつだって悲しい。

わふるさんが思ったことは、ただひとつ。




あの店には、もう行けないな…



END



  1. 2012/09/11(火) 19:47:14|
  2. わふる
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<いつのまにか | ホーム | 右側の娘の名前(解答)>>

コメント

や、

やめたげてよぉ!
最後の一言は、切ない
  1. 2012/09/11(火) 21:51:10 |
  2. URL |
  3. 雪 #mQop/nM.
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://darake21.blog70.fc2.com/tb.php/780-c31feef2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。