心がだらけたがっているんだ。

【速報】2013年仕様

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

けいおん劇場版

の感想を書いていなかったので、思い出しつつ書こうと思います。

あまりないけど一応ネタバレ配慮







「けいおん! と言う作品の劇場版としては満点の出来である」
と言ってしまってもいいんじゃないでしょうかね。

作品ごとの特色があるとしたら、けいおんの特色と行ったら日常感であるわけで、劇場版だろうがなんだろうが目指すところは変わらないわけですよ。
なんでロンドンに行こうが、卒業が迫っていようが、関係ないわけですよ。
文字にすると簡単ですけど、なんだかんだで難しいと思うわけです。
劇場版な訳で、メモリアルな作品になるわけで……
でもそう言う気負いが全くない。
流石ですなー。
スタッフさんは一同何をやるべきかが完璧に分かっているのでしょう。

と言うわけで、特段特殊なイベントとかないです。
「ロンドンに行く意味? そんなものないよ!?」
別にロンドンでなくても問題ないです。
博多でも札幌でも別にいいんです。

ロンドンに行く前に
「ロンドンからは時差があるから過去や未来に向かってメールを出すことになる」
と言う卒業していくメンバーに対してちょっと示唆に富んでいるような話題が出たりするんですが、
以後触れられることはないです。
だって、そんなん日常の生活の中で掘り下げないですもんね。
日常的なSF風味な話題が好きな私としては残念だけれど当然。

と言う風に進んでいくわけですが、何のかんので卒業というのはジーンと来ます。
教室でライブやるシーンがあるんですが、そこで教育指導の教員を止めようとしているさわちゃん先生のシーンで何かジーンとしてしまいましたよ。
ひねくれているのか何なのか。
年を食ったと言うことなのかもしれない。

と言うわけで、けいおん! と言う作品が好きな人には文句なしにオススメです。
この作品の最後がこの劇場版というのは作品として凄い幸せなことなんじゃないですかねー。
アニメだけの軽いファンですが、そんな風に思えるいい作品だと思いました。


  1. 2012/03/10(土) 20:46:20|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0
<<世界樹の迷宮4 | ホーム | 冷やしネット始めました>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://darake21.blog70.fc2.com/tb.php/724-cd0fd939
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。