心がだらけたがっているんだ。

【速報】2013年仕様

月光条例7巻

の素晴らしさが尋常では無い。
連載で読んでいても全く色あせぬ面白さよ。

「それでもガマンだ ネロ」
のシーンは藤田ではなく富士鷹が4割ぐらい出て来てしまってますね。
だが、それがいい……

物差しの話。
ネロに対しては物差しの重要性を。
浦島には物差しを作る基準としての物語の重要性を。

そしてそのために体を張る月光。

主人公ですなー。

人の感性に文句をつけずに生きていきたい私ですが、月光条例は面白いだろうといいたい。
「うしおとかカラクリと比べると……」
とか言っている人をはたきたい。


少年誌ってのはこういうもんですよ。

古いものがいいとか、ベテランだからとかではなく
これこそが少年漫画じゃないか?

アルコールのせいかうっとおしすぎですか。


それと今週のハチワンダイバーは将棋とか添う言う次元を超えた漫画的面白さが素晴らしい。
読者が求めているものを完璧に理解しているとおもう。

今日の日記は読んでいて分からない人の理解を全く拒む内容で申し訳ないですが、書いてて凄く楽しいので読んでいる人はガマンして欲しい。
それと月光条例は是非とも買って読んで欲しい。

月光条例 7 (少年サンデーコミックス)月光条例 7 (少年サンデーコミックス)
(2009/11/18)
藤田 和日郎

商品詳細を見る
ハチワンダイバー 13 (ヤングジャンプコミックス)ハチワンダイバー 13 (ヤングジャンプコミックス)
(2009/11/19)
柴田 ヨクサル

商品詳細を見る


  1. 2009/11/21(土) 00:14:00|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0
<<タイトかつハードな | ホーム | アルトネリコ3の>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://darake21.blog70.fc2.com/tb.php/573-23460925
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)