心がだらけたがっているんだ。

【速報】2013年仕様

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

涼宮ジャンニスキッキのミュウツー【小説】

<近況報告>
プリキュアサンタはズボンでした。
キュア映画まだ2回しか見てません。
</近況報告>

ソリッドファイター読了。
サンキュー雪。
以下感想です。
ラノベなんて読んだのいつ以来だろ。
気がついたら一気に読み抜けてしまった…
最近のわふるさんの読書といったら
仕事関係の実用書と
漫画関係の参考書ぐらいで
いかに楽に事を進めるか、しか考えてなかった。
サツバツとした日々を
過ごしていたんだなあ、と実感しましたね。

良かったのがソリファイ2のサブタイトル。

ソリッドファイター2
俺より強い奴に I need You!

ですのよ。
このオヤジーキャッチーな語感がツボに入った。
会いにーじゅ!
確かみてみろ!みたいな。


ええ。この作者が(ファンが思う程に)売れない理由と
つぶれない理由を考えてみたんですが、

この作品は完全にゲーマー少年向け。
「読者を選んで、離さない!」という
(わふる的な)ラノベの花道を行くからではないかと。

わかる人にはあーわかるわかるマジそうそう
そうなんだよその通りソレソレってかんじキュアアアア!
なんだけどそれ以外の層は「???」みたいな。

前半が。
全体を見ると手堅い構成ですが、雪も書いていたとおり
序盤に伏線を固めすぎでしたね。
かなり特殊な設定なので、前半はどうしても
説明シーンになってしまうんですよね…。
説明しないで走ると押井作品的なアレになってしまいそう。
読んでるときには気にならなかったけど、
読み返すと前半は解説ばっかで、後半ほど面白いという。
でも、硬派展開スキーとしては許せる範囲かな?
萌えを求める層にはきついかもです。こうだ兄貴…


演出としては
結城サン/アリスの最終戦が濃くてお気に入り。

格闘ゲームやってる人って、
こんなこと考えながらやってたんだーと
思いました。すげーな。
ボタン押しながら次の手を考えるとか基本無理。


あと、わふるさんに
「厚くて小さい本萌え」という属性があることを
ふしぎ発見しました遊戯。

諸君わたしはページの中身はともかく、
本の重さを感じながらページをめくるが好きだ。
ブ厚い本を読む途中で休憩しようとして
しおりをはさまずに閉じてしまう様は
とてもとても悲しいものだ。

漫画関係の本でちょっと前に
「漫画の創り方」とゆー本を買ったんですが
あれも完全に「厚さ」にやられましたね。
いいですよ「漫ツク」(略してみた)
内容もなかなかです。
ふつう漫画の書き方本は
「鍋敷きに最適」レベルから
「燃やせば暖をとることができて便利」レベルまで
アレな内容が多いですがこいつは違う。
親切でカユイところに手が届くというか。
厚いぜ!ってだけでごはん3杯はいけます。

話がそれた。

今から10年前に書かれたとゆーソリッドファイ太でも
テーマのひとつとなっていましたのがこれ。

「ゲーム業界の二つの未来」

あの時代のゲーマーなら誰でも考えると思います。
ユーザーを広げるか、専門性を高めるか。
結局のところソリファイ本編と同じような展開
日本のソフトメーカーは「楽に売れる方」を選びました。
当然の選択だと思います。
そして結果としてライトユーザーが増え、
ゲームはごく限られた人が楽しむものではなく、
大衆娯楽として成立。
「難しくてクリアできない」ゲームは
めでたく「クソゲー」とまでは行かなくても
「一般的にダメっぽい評価のゲーム」となったのです。

…などというヨタ話については、
「専門ゲーム性とライトユーザー向け入力は両立できる」とか
色々見解が分かれるところですが。

「ゲーマーのためのゲーム」より
「初心者のためのゲーム」が優先されてきた事実は
確かにあるのではないかと。
それは正しい進化だと思います。
正しいけど、ねえ。
「ゲームの楽しさ」って考えると深いですよねえ。
ねえったって、ねえ。

最近のでは
ラストレムナントの戦闘システムとか
結構気になるんだけどなあ。
やる時間がね。もうね。ねえ。
  1. 2008/12/24(水) 21:39:14|
  2. わふる
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<そろそろ年賀ハガキでも買いに行くかな | ホーム | 伊藤悠さんの新作始まった>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://darake21.blog70.fc2.com/tb.php/469-e1977cb4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。