心がだらけたがっているんだ。

【速報】2013年仕様

ダンブルドア8割

ずっとお休み記事がトップなのもアレなんで適当記事でお茶を濁すテスト

キーンコーンカーンコーン。
「だらけ学・てきぱきデスクワーキン術」

だらけ学助教授見習いサポーター候補生筆頭
紗月夜まい様が、わふる的な仕事術を伝授するよ!

こんな人におすすめ!
・デスクワーク超めんどい
・仕事がたまってて正直働きたくない
・できるかぎり楽をしたい
・仕事の計画とか立てられない
・正直働きたくない(大事な事なので2回言いました)

***やりかた説明***

1から6までの作業を、順番にやります。

●1:途中経過の仕事を思いつく限り書き出し、項目として並べる。
【リスト作成】

仕事の項目リストを作ります。思いついた順に並べて。
書き出すのは紙でも何でもいいです。
時間をかけて、とにかく全ての未解決事項を書き殴れ!


●2:後回しでいい項目を、リストから除く
【整理】

とりあえず今すぐ考えなくてもいい項目は除きます。
除外作業は、1の作業が全て終わってからです。


●3ー1:先延ばしにしたい項目について、行動結果を考える。
【整理】

項目を並べると、苦手項目が必ずあるはずです。
そーゆー項目は、とりかかる前にテンションを上げる必要があります。

「やらなければならない仕事」を、「やりたい仕事」に近づける。

まず、終了後「自分にとって」どんなプラス要素になるかイメージ。
ほったらかしにした場合と、締め切り前に終了できた場合の違いとか
完成したら幼女が喜ぶっぽいよ?とか、俺にしかできねえよ!とか
多少無理矢理な理由でもかまいません。
項目が終了するまでの一定期間、モチベーションが続けばいいのです。

自分に得られるフィードバック、「やりがい」を意識しませう。


●3-2:3-1でプラス要素がイメージできない場合、細かい項目に分ける
【整理】

考えたけど、なんだか目的とか良く分からないのよう!という場合は
仕事自体が今の自分には大きすぎるのかもしれません。
具体的に何をするのか、行動を細かい項目に分けていけば
どこが問題なのか見えてくるかも。


●3-3:3-2で細かくしてもプラス要素にならない場合、リストから除く
【整理】

どんなにがんばって考えても、プラスよりマイナスの方が大きい、
まったくもって自分の身にならない仕事。
現段階では、まだ始めるには早すぎるのかもしれないです。
やるだけ無駄。今はさっさとスルーしましょう。


●4ー1:項目の、はじめの一歩をイメージする
【整理】

ここまででリストに残っている項目すべてについて、
具体的に、一番はじめに自分の身体をどう動かせばいいのか、
情報を集めて、その第一歩であるアクションを考えます。


●4-2:4-1ではじめの一歩がイメージできない場合、細かい項目に分ける
【整理】

どこから手をつけたらいいのか、わからないのよう!という場合は
項目を区切りのいいところでバシバシ砕いてみましょう。


●4-3:4-2で細かくしてもはじめの一歩が見えない場合、リストから除く
【整理】

アクションが起こせない仕事。はい、どう考えても無理無理。
やれませんごめんなさい。人間、素直が一番です。


●5:リストに残った項目の取りかかる順番と開始時間を、機械的に決める
【行動決定】

自分の使っているカレンダーとか手帳とかに、
「この時間になったらコレをする」と書きます。

最終締め切りより早めに締め切りを作ったり、
急な仕事に対応できるよう余裕を持たせることも大事。


●6:順番どおりに、何も考えずに実行していく
【実行】

あとは、リストを書いてあるとおり順に実行していくだけ。
ここまで来たら、考えこまない、思考停止しないこと。

ちなみに、リストの実行中に入ってきた急な案件は、
3分以内でできる仕事以外は後に回してしまいましょう。


●その他ウンチク的なこと

1■人は動物である。
他人も自分も、理屈より感情でコントロールした方が早いです。
例えば、自分へのご褒美は、行動している最中に行ないましょう。
大変な事をやっている時点で、自分にプラスイメージを与えるのです。
むしろ終わってからのご褒美は手遅れなのでやらない方が良いかも。
犬のしつけと同じです。良いことをしたと同時に褒める。


2■理想の仕事場3つの原則
「自宅以外で、他人がいて、あんまり邪魔が入らない。」
この理想に近い時間帯に、進みづらい仕事をやるとはかどります。
一般的には朝の職場とか喫茶店とかですね。
あと、午前、午後、夜のうち、自分にとって一番活動的な
時間帯を知り、その時間を有効に使えるよう確保しましょう。


3■3つの作業に分類する
「入力、出力、演算」
例)情報を仕入れる、ネタを出す、ネタを取捨選択する
これらの作業は別モノです。
同時にやらず、時間帯を分けて一個ずつやる方が効率的です。
また逆に、同じ分類の活動は、うまくやれば同時にできます。
「本を読みながらテレビを見る」
「手を動かしながらネタを出す」
「仕事上の意見を考えながら休日案を練る」


●めんどいコミュニケーションの小ワザ集

1■クレーマー対策
ストーカー対策と同じ。ライン引きが重要。
上司等に報告し、録音はできなくても記録はつける。

2■使えない上司対策
仲良くせず、物理的に近づかないこと。

3■調子こいてる部下対策
子育ての本を読めば、大抵のタイプの対処法が書いてあります。

4■ウザイ人対策
迷惑行為は原則無視。ただしウザくない部分はきちんと褒めておく。
まとまった時間は決してとらず、こまぎれな時間でちょこちょこ対応。

5■飲み会多すぎ対策
飲み会はわざとブッキングさせて1日でカタをつける。


*******************


世の中、ダンドリ8割。
残りの2割はプリキュアです。

今回の仕事術は仕事スキルが低スペックな、わふる専用です。
自分流にアレンジして活用してみてください。
というわけでまたね~☆
  1. 2008/07/08(火) 23:20:56|
  2. まい(18)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
<<かわらないものさがしていた | ホーム | お休み>>

コメント

けっこうためになります

>完成したら幼女が喜ぶっぽいよ?
>とか、俺にしかできねえよ!とか
>多少無理矢理な理由でもかまいま
>せん。


御褒美がなくても、自分の脳内で自給自足しちゃえば良いじゃん!っていう発想が素晴らしいです。

マジで眼からウロコですね~。
  1. 2008/07/10(木) 19:44:04 |
  2. URL |
  3. はってぃー #-
  4. [ 編集]

仕事人ですねぇ。

お久しぶりです。
うちの職場でもここまで(実用的な意味で)内省できる人はなかなかいませんよ~~!
明日から参考にさせていただきます。

もし付け加えるなら、ルーチンワーク以外の部分、主にリスクコントロールとして次のようなものを提案します。

○いつも同じと思わない
 トラブルは小さなきっかけから始まることが多い。
○初動8割
 最初の対応で勝敗(被害やコストの最小化)はほぼ決まる。また、後で責任を問われる重要ポイントになる。
○解決へのシナリオを画く
 ヤマ場やゴールを見据えて情報や労働力を投入する。シナリオはメンバー間で共有する。
○組織で戦う
 責任や負担も分散できるという組織の強みを活かす。逆に、責任転嫁や集団愚といった弱みは早めに摘む。
○反省する
 トラブルが起きた原因と対処法を記録・分析して『次はもっとマシな対処』ができるようにする。

近頃、管理する側に立場が近くなってきたので、個人としての戦術+組織戦略にも興味がでてきました。

群れを守れば自分も助かる。とでもいいますか...


>人は動物である。
含蓄のある言葉です。
私には、人間は(身体・習慣・経験といった)ローカルルールの集合体に思えます。
また、環境によるルール(遺伝子・所属集団・建築・経済・物理法則etc.)の影響も受けながら何らかの行為を産出し続けている訳で...

そんなことを、まったり飲みながら考える今日この頃ですw
  1. 2008/07/11(金) 00:27:34 |
  2. URL |
  3. poez(ウザイ人) #-
  4. [ 編集]

>残りの2割はプリキュア

http://image.blog.livedoor.jp/news4wide/imgs/f/f/ff68fae4.jpg
うむ。
  1. 2008/07/17(木) 09:34:17 |
  2. URL |
  3. ガイバラ #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://darake21.blog70.fc2.com/tb.php/428-a22f59fe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)