心がだらけたがっているんだ。

【速報】2013年仕様

音楽よくわからんけど

某チー○酵母のおにゃのこが可愛すぎる。
なだらかな曲線にメロメロです。
癒される。なんか出るー。
最近のお絵かきネタは
チー○酵母キャラばっかりだすよ!
どんな狭さだ。

そして今週のプリキュアが休みと知る
→うちゅうの ほうそくが みだれる!
精神的安定のためにあわてて
プリキュア絵も量産する。

プリキュアみにゃもプリキュアみにゃも
結果として部屋がカオスに。

で本題。
雪からいただいた誕プレであるところの
某グレンラガンCDなんですが
ライナーノーツを読んでびっくり!
「ラップは漢の魂だ」という表現があったのれす
自分がうまくまとめられなかったことを、
作曲者が同じことをよりわかりやすく書いていた
という事実におどろきですー。実に興味深い。

以下わふる語なのでわふるコンニャクとかで
翻訳して読んでください。
わふるコンニャクってなんだ。

今、世の中にある、表現としてのロックンロールは
もはや単なる音楽の一形態として位置づけられてると思う。
ロック黄金期のカウンターカルチャー的要素、
「反抗」としてのロックの力は弱くなってしまった。
ロックなんて一つの音楽さ、いわゆる
ロックンロールイズデッド!ロックは死んだ!
てゆー時代なんだと思う。

でもやっぱり時代に反抗するものは必要なわけで
ロックンロールに代わるモノとして、あるいは
以前までロックがやっていた「反抗」の役割を
今はラップなんかがになっているんじゃないかな?
とゆーことをグレンの作曲者は書きたかったのでは(推測)

わふるさんは音楽に対してまったく無知ですが
時代のキーワードとして
「ロックンロールじゃないロックンロール的な表現」
これは最近のジパングの流れだと思うのですよ。
ライトノベルしかり、メイド喫茶しかり。
今はロック的な(反抗的な)表現は、
むしろブームやら流行やら、商業的な表現の中でこそ
活動的になっているのではなかろうか?

フラットなロックへの移行とでも言うんでしょうか。
ロックが場の空気への反抗表現だとしたら、
矛盾してるかもしれないけど
場の空気を読める、多数支持されるようなロック表現が生き残る、
そーゆー感覚の新ロック時代が来たんじゃないでしょうか。
ロックンロールの形をしていないロックンロール。
死んだというより、移り変わったんですかねえ。

それにしてもグレンラガンは良い。

----------------------------------------------

>そして「すごい返信」の中身が気になる今日この頃(笑)

すごい!お兄ちゃん最高!セレブ!ツンデレ!
壮絶な色気!豆は畑のお肉也!
という内容だった、なんてウソップスペルはどうだ!

イナウボアー(パクリ)
  1. 2007/12/28(金) 00:15:29|
  2. わふる
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<イラスト地獄だよドクロちゃん | ホーム | プリッキュア5GOGO!>>

コメント

わふるコンニャクのスリットに(ry

ロックもラップもよくわかりませんが、面白そうなので。

ロックという言葉が象徴する(或いはしていた)「反抗」とは、後発の者が先達への抵抗を通じて、既得権益の再配分や劣化した体制の再構築を求める幸福追求の手段であり、自然環境よりも社会環境の比重が大きい社会において必須の要素であるといえます。
私としては、「反抗的表現を今誰が担っているか?」や「自分が反抗的か?」より、自ら現在を担いながら「如何に反抗していくか?」に価値を認めたいと思います。
つまり「ロックは生きること」と見つけたりです。

以上、ちょっぴりハァハァしてみました(w
  1. 2007/12/28(金) 04:42:55 |
  2. URL |
  3. ぽえ #-
  4. [ 編集]

実に分かる話だ

反抗によって幸福追求する。
と言う意味でのロックと言うのは実に良く分かる話ですね。

わふる先生の言う「ロックンロールの形をしていないロックンロール」
ってのは無自覚な状態で行われているものですな。
自身の立ち位置を定めて望むようにしていた結果として自然と反抗していたみたいな?
身内で盛り上がっていたら実はロックだったッつー感じ。
実に日本的な感性といえるかも知れないし言えないかも知れない。
絶対から相対、主体から客体 みたいな?
言ってて良く分からんくなってきた。
なんだか知らんが兎に角良し
  1. 2008/01/02(水) 10:47:01 |
  2. URL |
  3. 雪 #mQop/nM.
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://darake21.blog70.fc2.com/tb.php/334-56f38902
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)