心がだらけたがっているんだ。

【速報】2013年仕様

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ネカフェ難民

しつつ読んだマンガの感想とか書いて見る。
先日買ったものの感想も。
つまり以下ネタばれ



まずは昨日のから

バッカーノ!2002 A side (1) (電撃文庫 な 9-24) バッカーノ!2002 A side (1) (電撃文庫 な 9-24)
成田 良悟 (2007/10)
メディアワークス
この商品の詳細を見る


あのキャラとあのキャラの子供が!
ってのはよく二次創作で見られるお約束パターンですが、それを自らの筆の速さと言う単純極まりないパワーでやってしまうのが成田クォリティ。
アニメで現在放送中のバッカーノでも一番評価が高い1931ストーリーの模倣犯(コピーキャット)な事件である2002。
正直、それを原作者がやってしまうってのは半ば反則な気がするのですが、面白ければおっけー。
Bが出る来月が楽しみです。


夕日ロマンス Flex Comix (Flex Comix)夕日ロマンス Flex Comix (Flex Comix)
(2007/07/12)
カトウ ハルアキ

商品詳細を見る


弟が好きで好きで仕方がない(性的な意味で)駄目な感じの姉と弟を描いたラブコメディー。
変態でダメダメな姉の挙動不審っぷりをニヤニヤ楽しむのがこの作品の楽しみ方です。
……多分。
やー、とにかく姉の駄目キャラっぷりが可愛くて可愛くて。
今回買ったものの中で一番良かったかもしれない。
この作者の他の作品も買ってみようかしらん。
ヒャッコ 1巻 Flex Comix ヒャッコ 1巻 Flex Comix
カトウ ハルアキ (2007/05/10)
フレックスコミックス
この商品の詳細を見る


鉄鍋のジャン!R 3 (3) (少年チャンピオン・コミックス) 鉄鍋のジャン!R 3 (3) (少年チャンピオン・コミックス)
西条 真二 (2007/10/05)
秋田書店
この商品の詳細を見る


この巻の見所はスクミズ食い千切るブルーさんの漢っぷりだと思う。
本人オカマですけども。

とめはねっ! 2 (2) (ヤングサンデーコミックス) とめはねっ! 2 (2) (ヤングサンデーコミックス)
河合 克敏 (2007/10/05)
小学館
この商品の詳細を見る


ジリジリ面白くなってきた文科系書道漫画。
3巻からの合宿編に超期待しつつ、連載が遅いのにいらだつ乙女心(意味不明)

ひぐらしのなく頃に 第2話 上 綿流し編 (2) (講談社BOX) ひぐらしのなく頃に 第2話 上 綿流し編 (2) (講談社BOX)
竜騎士07 (2007/10)
講談社
この商品の詳細を見る


あー、読んで気が付いたけど、1の下買ってないや。
まあ、一話はゲームでやったからよし。
2巻は魅音が可愛いですね。
ひぐらしキャラの中では一番ベタな子だと思う訳ですが、だがそれがいい……

少女ファイト 3 (3) (イブニングKCDX) 少女ファイト 3 (3) (イブニングKCDX)
日本橋 ヨヲコ (2007/09/21)
講談社
この商品の詳細を見る


戦う少女に比べて、男どもは駄目だなぁ。
賭けバレー編がテンポよく終わったのは良かったけど、今後の展開に不安が。
この人、割と作品が竜頭蛇尾で終わってしまうんですよ。
そのまま突き抜ければ素晴らしい出来になるんですけどねー。

長すぎでもう誰も読んでないかもしれないけど、気にせずネカフェで読んだ作品感想


怪物王女 1 (1) (シリウスコミックス) 怪物王女 1 (1) (シリウスコミックス)
光永 康則 (2006/01/23)
講談社
この商品の詳細を見る

アニメ化して斧殺人との関連が疑われたけど、マイナーゆえに取り上げられなかったっぽい作品。
読んでみて思ったんですが、これすごい手堅い作品ですよ。
ゴスロリ王女がチェーンソウでグロってのを売りにしつつも、展開は凄くオーソドックス。
主人公の王女が毎回冷静に的確な判断をするため、「主人公がラブコメなのに要所要所で的確な判断をするラブコメティ」ってな感じで盛り上がりに書ける点はありますが量作だと思います。

悟空道 1 (1) (チャンピオンREDコミックス) 悟空道 1 (1) (チャンピオンREDコミックス)
山口 貴由 (2007/09/20)
秋田書店
この商品の詳細を見る

悟空道のラストが思い出せなかったので読み直して見ましたが、あー確かにこんな感じだったわー。
あまりに印象になかったのでひょっとして最後の方は読んでなかったのでは? と思ってましたが単に印象が薄かっただけですわな。
山口先生の典型的な「本人は納得しているけど読者はサッパリ付いて来れていない」ラストでした。
なもんで、シグルイと覚悟以外はあまり評価していない私なのでした。

P2!-let’s Play Pingpong! 1 (1) (ジャンプコミックス) P2!-let’s Play Pingpong! 1 (1) (ジャンプコミックス)
江尻 立真 (2007/03/02)
集英社
この商品の詳細を見る


四巻まとめて一気読み。
あー、確かに面白いわー。
実に正統派スポーツ漫画ですな。
理屈と熱血のバランスが丁度いい感じ。
百冊買う気持ちは分からないですが、終わって欲しくない漫画だとは思います。


てな感じでザーっと。
ここまで読んでくれた人が居たらお疲れ様でした。
さんきゅーふぉーゆありーでぃんぐ
  1. 2007/10/08(月) 00:04:36|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2
<<お気に入り | ホーム | そしてモンゴルへ……>>

コメント

その量を

一体ネカフェで何時間で読破したのかというのがひっそりと疑問です(笑)
  1. 2007/10/15(月) 22:49:44 |
  2. URL |
  3. 遠野ありく #-
  4. [ 編集]

たぶん

2時間弱だと思います。
ネカフェで読んだのは怪物王女より下の奴だけなんで、そんな量でもないんじゃないかと思われます。

世間一般的にオススメなのはP2なんじゃないかと思いますな。
属性が合う人には夕日ロマンスを薦めたいですが。

  1. 2007/10/16(火) 21:57:07 |
  2. URL |
  3. 雪 #mQop/nM.
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://darake21.blog70.fc2.com/tb.php/309-774996ae
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。