心がだらけたがっているんだ。

【速報】2013年仕様

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ハイスピード・ドライビングアニメーション

としか言い様がないな。
とグレンラガンを見終わった感想を書いて見る。

内容に付いては「面白かったー」でいいと思う。
そしてきっともう既出の意見だと思うけど結構お約束に付いていくのが大儀なアニメだったんじゃなかろうか。
物凄いスピード感(8話は早すぎだろう)でストーリーは「遅い奴にはドラマは追えねえ」と進んで来て、その為の説明はほぼ投げっぱなしではないが

お約束だから

って感じではあったんじゃないかなー、と。

まあその辺気にする必要もないと言えばないし、俺は別にいいんじゃね? って人なんで気にならなかった。

まあ、そのお約束っぷりが相当上手に作られていたってのがこのアニメの肝なんかなーなんて批評家ぶってみたり。
視聴者であるオタ層に行き渡っているお約束と言う共有設定を限界まで使い、設定説明に時間を取らないすごいスピード感のアニメを作ってみようとかそんなコンセプトがあったのかも。

視聴者よ! このスピードを乗りこなせ!!

そんな意欲作であったような気がしないでもない。

詰まる所、「ハイスピード・ドライビングアニメーション」って書いてみたかったから
今回なんか感想書いてみた。


グレンラガンに不満な所があったとすると、ラスト付近のスケール感かなー。
想像力の限界を突破してなかったような気がする。
見ている側の限界もあるのかもしれないけども。
天元突破の戦いにもっとすごい期待をしていたんだな。
見ている人に伝わらなきゃ意味ないから難しいってのはあったと思うけども。

さておき、ひたすらに熱く爽快なアニメだった。
小難しい理屈はスパイスでいいんだよ。
ただし使用にはセンスが必要。
かけりゃいいってもんでもないぜ?
動いて、動いて、ひたすら動く。
そうすればアニメってのは面白いんだよ!
明快にそう教えてくれるアニメだったと思う。

やってくれるぜ、ガイナックス!
エヴァ劇場版を見に行きたくなる出来のアニメでしたよ。
ガイナックスは毎回こう言うアニメを作ってくれれば私的に文句のない会社なのです。


レーシングラグーン PS one Booksレーシングラグーン PS one Books
(2002/03/20)
PlayStation

商品詳細を見る
  1. 2007/09/30(日) 19:41:20|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2
<<「続きを読む」を使ったら負けかな。 | ホーム | 電撃系のコミック誌が>>

コメント

お前が信じるお前を信じろ!

最後まで面白かったですよね。
個人的には生存キャラの選別には不満が残るし(カミナには生きててほしかった…)、
ヴィラルとの初対戦を超えるバトルは俺の中では結局出なかったけど、
それでも最後まで見てしまうパワーを持った作品でした。
  1. 2007/10/02(火) 20:51:42 |
  2. URL |
  3. 相沢 #mQop/nM.
  4. [ 編集]

面白かったよねー

何も考えないで見ても面白い。
そう言うアニメってホント貴重です。


俺は絶対レイテさんが死ぬと思ってたんだよなー。
あの機関部の状態は絶対死ぬ。

カミナはなー、早過ぎだよと思ったけどあの速度がグレンラガンなのかなーとも思った。
カミナと御義父さんはいいキャラすぎだと思う。

確かにヴィラルの最初のバトルは良かったと思う。
あの時はこんなキャラになるとは誰が予想していただろうか。
子供を残せない獣人としての理想の夢が美人の嫁さんと娘ってのが切な過ぎる。
あの美人の嫁さんが実在の人物なのか、それとも脳内嫁なのかで評価が相当変わってきそうだけども。
後者だったら、きっと彼とは仲良くなれる!

個人的に一番良かったバトルはテッペリン攻略最終戦でしたよ。
ダイグレンの最後とかベタベタだが燃えたー。


後、リーロンは歴史に名前を刻むナイスオカマキャラだと思った。

  1. 2007/10/03(水) 21:40:25 |
  2. URL |
  3. 雪 #mQop/nM.
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://darake21.blog70.fc2.com/tb.php/302-d579dd0d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。