心がだらけたがっているんだ。

【速報】2013年仕様

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

エディタをつかったら負けかな

と思っている。
懲りずにブラウザ上で書くぜ!

相沢先輩とDがエディタで書いている事実に驚愕!!
ブログいみねえな

聖闘士星矢THE LOST CANVAS冥王神話 5 (5) (少年チャンピオン・コミックス) 聖闘士星矢THE LOST CANVAS冥王神話 5 (5) (少年チャンピオン・コミックス)
車田 正美 (2007/09/07)
秋田書店

この商品の詳細を見る

以下牛闘士聖矢のネタバレ




牛の格好よさは異常だったんですが、この退場の仕方はねえだろうと言う話。
おいおい、輝火とのフラグはどうなったんだと。
なんと言うか、正直ストーリーは評価出来んよなーと。

蟹が出てきて、おいおいどうなっちまうんだ! ネタキャラ最強の蟹も格好よくなってしまうのか!?
と期待させておいて今週の展開とかなあ。

愚痴ってばかりではあれなので、一寸分析してみた。

牛や魚のカッコよさとそれに付随する面白さは聖矢を見たことある人が最大限に感じる面白さなんだと思った。

俺はあまりにもネタキャラであったナルシーや牛がむやみやたらとカッコよかったり新技があることに痺れているわけで、純粋に作品自体を楽しんでないのかもしれない。

詰まる所、場面場面ではそう言うネタもあって面白いけど、きっとストーリーを追って見るとちょっとねー。
この感じはガンダムシードにすごい似ている。

シードが駄目で、聖矢が許されるのは聖矢は原作からストーリーはアレだったからだろう。
それと扱っているのがネタキャラだからだよなーと。
牛や魚だからこその冥王神話であり、実際天馬まわりはなんかなーである。

逆に考えると、種運命で必要だったのは、カツ=コバヤシの逆転劇だったのだ。
俺の中でシン=アスカがカツポジションだったのは有名な事実だが、そのカツがカツのまま外宇宙的悪意で捻じ曲がったアムロポジションのキラに打ち勝つストーリーなら色々とバカウケだったと思った。
まあ、俺に受けてどうなるもんでもないけどなー。


隕石にぶち当たったと思ったらディスティニーガンダムが掌光線で穴を掘り進めて出てきてフリーダムに奇襲するとかそんな感じで。
ドムを三分で倒してる場合じゃないですよ、マジで。
  1. 2007/09/22(土) 23:44:57|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0
<<ACE3感想 | ホーム | 待望の>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://darake21.blog70.fc2.com/tb.php/296-7a433d03
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。