心がだらけたがっているんだ。

【速報】2013年仕様

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

南方旅行記4

4日目~


本日のプランは晴天なら海岸、雨天なら猪を喰らうである。
雨天のプランも考えている辺りさすが相沢先輩。
オレは何も考えてなかった。
や、屋根のある所に行こう、くらい?

快晴と言うには全体に薄く雲がかかっているが晴れなので海岸へ。
普通に海を撮影。遠くは白んでいるがそれなりに見える。
海岸0

あえてこんなのも撮影。青と蒼のセカイ。
海岸2

駐車場からウォーキングコースを歩いて3人で灯台を目指す。
のだが、突如現れるY分岐点。
左右どっちに行くべきか案内板も何も無いのでとりあえず右。
すると木々の間を縫って分岐の合流地点へ。
海岸見えねぇ!!!
ハズレ道でしたorz
左は海岸沿いルート、右はショートカットルートだったくさい。
しばらく歩くと吊り橋。
海岸1

吊り橋効果でトキメキBL三角関係!?
という事は無く、ほとんど揺れもしねぇしっかりした作りでした。
ちっ。
渡ると吊り橋の説明板があったのでチェキ。
門脇吊橋。
長さ48m、高さ23m、定員100人、小錦関26名分。
定員は守ってください。

小錦関26名分(;゚Д゚)
重量制限の事なんだろうがよくわからないよ小錦関26名分。
渡り終えた所に定員は守ってとか書かれてもどうしようもねぇし。
片方じゃなく橋の両側に説明板つけれ。

その後も着々と進んでいくが、場所によってはかなりぎりぎりまで行く事ができた。
足が写らない程度に足元激写~。
海岸3

海岸6

所々で足を止めて波しぶきなんかも撮ってみたり。
海岸4

海岸5

オレはチキンなので波がかかりそうな場所までは行かないが、雪氏はチャレンジャーだった。
海岸7

岩が濡れてる=波がかかる場所まで突っ込んでいくファイター。それが雪。
濡れ岩に滑ればドボンだし危険度大だね。
幸い波はかぶらなかったが、雪氏が戻ってきて10秒そこらでさっきまでいた場所にガッツリかかる水しぶき。
波を読んだのか!?

歩いてる途中の2人も激写してみた。
顔の見えない後姿なので許可取ってレッツ公開。
なんかポーズとってるみたくも見える。
海でアカペラる2人とかそういうシーンではない。たぶん。
海岸8

灯台は木々が邪魔で撮れませんでした。
撮るの忘れてたわけじゃありません。
ええ、決して忘れたわけじゃありませんとも。
実際木が邪魔だったから木のせいにしてしまおうとか全く考えてません。

海岸の後は花見…は寒桜がもうだいぶ風に散らされちゃってたっぽいので予定変更。リフトで大室山山頂へ。
しかしやたらとガスがかかってきて見晴らしはイマイチ。
隣にゲンコツ山というのがあるらしいのだが
山頂1

見えねーーー!
アウターゾーンにでも連れて行かれそうなくらいガスかかりますか!?
遠くを歩いてる人影が見えたのでついでに撮影。
タイトルは"サザエさんエンディング"です。
山頂2

その後は雰囲気のいい甘味処で休憩。
でも駐車場がいぢめのような難易度だったので運転してる雪氏は逆に神経すり減らしたかもw
中庭側は風雅な感じ。反対側には遠くに見える海。
車の走行音なども店内には聞こえてこない。
なるほど雰囲気がいい。
ワガハイは雪氏・相沢先輩オススメのあんみつを頼んでみた。
茶屋1

中庭とか眺めているとこっそり撮られてました。
フラッシュ焚かずに隠密激写なのでうまいこと顔が暗くて見えなくなってる。
中庭が写ってるけどなんかこの写真だとしょぼいッスね。
風雅・風流とは風のように感じるもの、カメラで写すのは難しいのかもしれない。
茶屋2

店を出ると隣に寂れ神社発見。せっかくだから3人で参拝。
てきとーに拝む雪氏とオレ。
相沢「ちゃんとした手順ってどうでしたっけ?」
オレ「大事なのは形じゃなく、参拝しようというその心だ。
   無知による無作法よりその心をこそ見て下さるに違いない。」
よし、誤魔化せ ナイスアドバイスだ、オレ。
決してオレも知らないからこう答えたのではない。

その後は飲み屋で飲んで解散しました。
いやー堪能しました。
ベゴニアガーデン、シャボテン公園、大東館の貸切露天風呂が特にオススメ。
会津に戻ってから気付いたけど海洋公園にあじさい苑ってのもあったのね。しまった見てねぇ。
余談ですが、帰りの夜行バスは暖房効きすぎ&後ろの席の人がやたら背もたれ揺らしやがるのでろくに眠れなかった。ウボアー。orz
  1. 2007/03/23(金) 00:00:01|
  2. D
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<買っちゃった | ホーム | 春は選抜から>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://darake21.blog70.fc2.com/tb.php/189-59c20608
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。