心がだらけたがっているんだ。

【速報】2013年仕様

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

豆腐屋ラッパ

昨日街中を歩いていたら、豆腐屋さんのラッパが聞こえました。
地元のこう言う田舎っぷりは嫌いじゃないです。

Landreaallの感想書いてないんじゃないかな?

Landreaall 9 (9) Landreaall 9 (9)
おがき ちか (2006/12/25)
一迅社

この商品の詳細を見る


だから9巻の感想を書いてみんとす。

↓以下ネタバレ
帯の「DXは友を選び、伝説は妹を選んだ」が象徴的なこの9巻。
以前書いたLandreaall総括で書いたように、日常の象徴である友を選んだDXは自らの力を自覚し行使しなければならない状況に。
逆に伝説に選ばれたイオンは伝説が居る日常を守ることになるわけです。

お見合いイベントを越えて、自らの意志で行動に移す事になったDXですが、ここであえてイオンの天馬出産イベントに注目したい私。

かつて自身が生まれたときに兄によって日常へと回帰した彼女。
そして竜退治を終えたDXに対して何も出来なかったことを悔やんだイオンが、今回の天馬の出産で生まれた天馬をこちらの世界へと繋ぎとめられたと言うのは極めて重要な意味を持ってくるんじゃないでしょうか。

今回の東方騒動、最後に自体を終結するのはイオンなのでは! と勝手に予測してみます。
おがき先生に挑戦ですよ。


と言う訳で、以下妄想。

アトルニアの天馬との盟約は、天馬を助けた少女とその少女の恋の物語。
天馬を助けた少女は恋人に会うために天馬に乗って、千里を駆け思い人と結ばれる。
乙女でなくなった少女は天馬に乗ることは出来なくなったが、天馬はそこで盟約を結ぶ。

「貴女の国に災厄が襲った際、私達はあなたの力になるでしょう」

ココまでが前置き。

羽が生えた天馬がお礼に背に乗せてくれるとイオンに言う。

「あなたが私の世話をしてくれながら、ずっと心配していた遠くの友人の所へ送りましょう」

一方その頃、東方でDXは問われる。

「何の故あって、王位を継ぐ資格を持つものをアトルニアへと連れて行こうとするのか」



そこへ天馬に乗ったイオン登場。
DXすかさず、

「リドはうちの妹と将来を誓った仲なのです」

えー――――――――!!

遠く東方にもアトルニアの建国神話は伝わっていて、恋のために飛んできた(ついでに王位継承の可能性をしょっている)娘との仲を裂く事も忍びない。


と言う訳で、口約束ながら内々に結婚話を取り付けて、東方からリドを連れ出す事に成功。

と言うばっかばかしいオチでどうだろう。
一回バチカンでやってるオチじゃんって言う突っ込み禁止。


まあそんな感じで、上手いコトその場を仕切ってくれた兄が結構いい人だったり、リドの婚約者がイオンにあって色々ごたごたした後に仲良くなったりとかそう言うのもあればいいなーと思います。



あ、後今回エロス夫人がナイスキャラでしたね。
是非とも再登場して欲しいものです。
ああ言う欲望に忠実で人生エンジョイしてそうなキャラはいいですな。
しかし、フィルはああならなかったら美味しく頂かれるところだったわけで、本人としてはよかったやら残念やらですね。

とりとめもなく終われ

  1. 2007/01/15(月) 19:41:01|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0
<<DDD | ホーム | 西博士祭り>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://darake21.blog70.fc2.com/tb.php/151-a3ce09de
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。